ミニサイズのアイロンビーズあります!日本で唯一のアイロンビーズ専門店!

アイロンビーズのあそびかた


ここではピクセルピコの看板娘、Pちゃん(仮)を作ります。
まずは必要なものをご紹介します。




1.作りたいモチーフのイメージ (最重要)






2.アイロンビーズ (必要な色を用意してください。)






3.ペグボード (アイロンビーズのサイズに合ったものを用意してください。)


 




4.ピンセット (これは作る人それぞれですが、あると便利です。)


 




5.アイロンシート (画像は当店取り扱いの
ツヤツヤアイロンプラシートです。)
  当店ではお買い上げの皆様に無料でアイロンペーパーを差し上げております。
  オーブンシートやクッキングシートでも代用できます。







6.アイロン (一般的な温度調整の可能なアイロンです。)
  スチーム穴があるモデルは、スチーム機能をOFFにしてください。
  スチーム穴のないドライアイロンというアイロンも存在します。(オススメです。)







これで必要なモノが揃いました。
それでは作ってみましょう!




その1



ペグボードにアイロンビーズを並ていきましょう。

作りたい図案を用意して、見ながら作るとスムーズです。
ドット絵、Sprites などで画像検索すると素敵なモチーフと出会えるかもしれません。
制作する場合は、デザイン元の著作権には十分に配慮して楽しんでくださいね。







頭部から作り始めました。







Pちゃん(仮)の顔が出来てきました。







あともう少し!気を抜かずに集中!







やったー!ビーズが配置できました!
さぁ、いよいよ次はアイロンがけです。




その2


アイロンビーズを並べ終えたら、アイロンのスイッチをオン!
アイロンの温度は各アイロンビーズの規定の温度に設定しましょう。

5mmサイズは中温(140〜160度)、
5mm以下の小さなサイズは低温(80〜120度)です。







アイロンが規定の温度まで温まったらアイロンがけです。
アイロンビーズを並べ終えたモチーフのうえにアイロンシートを被せます。







アイロンシートを被せたらアイロンをかけましょう。
まずはアイロンの自然な重さで力を入れ過ぎないのがポイントです。







アイロンビーズは色によって熱伝導率が違うため、
色数の多い作品は熱を冷ましながら、
複数回に分けてアイロンをかけるのがオススメです。







ビーズが溶けてくるとアイロンシートにへばりつくような密着感があらわれます。
この状態になれば十分にアイロンビーズに熱が伝わりビーズ同士がくっついています。



   
ビーズが解けてぴったりとシートにくっついてくる感覚



アイロンビーズの穴が潰れすぎないくらいがビーズ感がありますね!
もちろん穴をつぶして、おもちゃ感をよりだすのも良いと思います。
アイロンをよくかけることで作品の丈夫さもアップします。

アイロンをかけ終えたら、モチーフの温度まで下がるのを待ちます。
うちわなどで扇いで温度を下げてもいいと思いますが、
本などで重しをして、熱による反りを防ぎながら熱を冷ますのがオススメです。



平らな重しをのせて反りを防ぎながら粗熱を冷ますのは効果的



触れられる温度になったら慎重にアイロンシートを剥がしてみましょう。







やったー!綺麗にアイロンがけが出来ましたね!







さぁ…緊張の時間…
いよいよペグボードから作品を取り外します。
作品に指をひっかけて、少しずつ剥がしましょう。
剥がしにくい時はペグボードを左右に揺らすのも良いと思います。
もしビーズがバラバラになってしまう場合はアイロンがけが足りていない証拠です。
慎重にビーズを戻してもう一度アイロンがけをしましょう。

ドキドキ…。





おっと…





無事に作品がペグボードから剥がれました!


無事に剥がせた人も安心するのはまだ早い!
強度をアップさせるために裏側にもアイロンをかけましょう。





アイロンビーズ同士が既にくっついているので、
ペグボードの上でアイロンを掛ける必要はありませんので、
テーブルなど平らな場所で、再びアイロンシートを被せてアイロンをかけましょう。







また触れるくらいの温度になったらアイロンシートを剥がしてから、
ビーズが熱で反らないように平らなもので重しをしましょう。
熱が完全に冷めたら…出来上がり!







やったーこれで本当に完成です!

ちなみに当店取り扱いのツヤツヤアイロンプラシートを使うと、
光沢仕上げのように、ピカピカになりますよ〜!



   ツヤツヤアイロンシートを使用した場合の仕上がり




作品が完成すると嬉しさもひとしおですね!
これは一般的な作り方+当方の独断のコツを踏まえて説明させていただきました。


印刷用のアイロンビーズの作り方やアイロンビーズの各カラー表は、
ダウンロードコーナーにて公開しておりますのでそちらもご覧ください。






いろみほん&つくりかた ダウンロードできます





実際に作りながら、ご自身にあった方法を見つけられるといいですね。
あなたの楽しいアイディアが素敵な形になりますように。







http://pixelpico.net/